大好評

海外ブランドのキャットフード

キャットフードにおいて海外ブランドと国内ブランドのキャットフードの大きな違いとしては、まずフードの安全基準の規制がそもそも違います。
ペットフード先進国であるアメリカではAAFCOと呼ばれる政府の認定機関があり、ペットの年齢や体重に合わせた栄養学の観点からペットフードの研究、試験を行っています。
一方日本では厚生労働省が認定している機関などはなく、多くの動物病院でも海外ブランドのフードを推奨しているところが多いと言われています。

もちろん、日本国内において政府認定機関はないですが、ペットフードの安全基準に関して研究を続ける協会は少なからず存在すると言われていますので国内産が悪いとは言えないですが、やはり海外ブランドのフードを購入する方が多いと言われています。
また、近年ではペットフードのオーガニック化http://www.safestreetsfund.org/organic.htmlも進んでおり、無添加のフードや健康に優しい天然由来成分配合のフードなどが注目を浴びています。
もちろん猫においては元来肉食動物であるが、植物から得る栄養素も必要とするため、それを考慮して肉食動物でも消化、吸収しやすい植物由来の成分を配合したキャットフードも存在します。
このように人間と同様に猫などのペットの食べ物も安全化や健康志向化が進んでいるので今一度与えているフードを見直してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ