大好評

安いキャットフードの詳細

腸が短い肉食動物の猫にとって消化吸収を良くする無添加のキャットフードは、昨今注目を集めていてちょっとしたブームにもなっています。
もちろん無添加のキャットフードには様々な種類があり、値段も数百円のものから数千円を超えるものもあります。
ではなぜこんなにも値段が違うのでしょうか。
私たち消費者はいったいどのような基準でこの無添加キャットフードを選べばよいのでしょうか。

もちろんキャットフードの安全基準を設定する法律はありませんが、やはり値段が安い無添加フードは無添加であっても原料に問題がある場合があります。
たとえば原料に科学物質や農薬が残留したまま加工してしまっている可能性があります。
安いという事は製造コストも安いと考えるのが一般的であると言われています。
もちろん安いものがすべてが全て粗悪品なのかというといそういうことではありませんが、高いものを選択した方がより良質なフードであると考えるのが一般的です。

値段が高いキャットフードは、やはり家計に負担をかけてしまいますが、猫を家族同様と考えている方であれば高くない買い物であると言われています。
逆に粗悪品のフードを与え、猫が病気になって病院にかかる方がかえって高くつく場合もあります。
もちろん考え方には個人差がありますので何を選ぶのかは飼い主次第であると言えます。


このページの先頭へ