大好評

猫のごちそうであるキャットフード

猫にとっては毎日飼い主に与えてもらっているキャットフードはごちそうです。
そしてキャットフードが開発される前はねこまんまと呼ばれる人間のご飯の残飯を与えてきましたが人間と猫とでは必要なカロリー、栄養素は全く異なります。
もちろん開発されたキャットフードは猫にとって必要なたんぱく質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく考慮された食品であり、猫の好みを配慮した味付けがされており、猫は喜んで食べてくれると言われています。

特に味は種類が豊富で、マグロ味、かつお味、チキン味、ターキー味など多岐にわたります。
もちろん、猫にも個体によって好みがある為、とても食いつきが良いフード、あまり食いつきの良くないフードがあります。
これは猫の食事を見て判断するのが良いと言われています。

また、フードの中には値段が異常に安いものから高いものまであります。
この中から選択するのは難しいと思われがちですが、やはり安いフードは原料もコーンや大豆といった植物性のものが多く配合されているものも多く、猫の消化、代謝には良くないものが含まれている場合もあると言われています。
実際に猫は雑食動物ではなく肉食動物であり、草食動物のように植物を消化分解する長い腸を持ち合わせていません。
なのでこうした事を考慮してもフードの品質にも考慮して選択する必要があると言われています。


このページの先頭へ